1. サイトマップ

須坂市体育協会

>
>
運営方針

 運営方針

 

 平成29年度 須坂市体育協会 運営方針

 

競技スポーツの充実を図るため、市民の体力向上、競技力向上に向けた選手育成、指導者養成の推進

をするとともに、少子高齢化の進行に伴い激しく変動する社会情勢を踏まえ、多様化する市民の要望を

的確に把握しながら、そのライフステージに応じた生涯スポーツ活動・文化活動等充実させ、いつまで

も誰でもがスポーツに親しめる環境づくりの実現に努める。

 また、施設を管理し関係機関・各種団体との「共創」により、須坂市におけるスポーツとスポーツ団

体を統括する組織として本協会を法人化し、組織の強化を図っていく。

 

1.競技力向上に向けた選手の育成

  全国の舞台で活躍する選手を育む須坂をめざし、競技力の向上・競技スポーツの一層の充実のため

 加盟団体、中学校部活動運営連絡協議会等、関係機関・団体との連携を図り、研修会の充実、更には

 有名アスリートによる講演会等を開催し、一体となった組織の強化に努める。

 

2.スポーツ振興事業の促進及び指導者の養成と確保

  長野県体育協会や関係機関・団体の協力を得ながら、市民の意向を把握しスポーツ教室、スポーツ

 大会に向けた合宿練習等により技術の向上、意欲高揚を図る。

  また、有資格者の実態把握を行い、求められる指導者を積極的に養成・確保し資質の向上に努める。

 

3.ジュニアの育成と学校・家庭との連携の推進

  全国大会等に出場する個人・団体に対して大会での活躍を激励するとともに、競技力向上に向け、

 スポーツクラブ活動・学校部活動等における指導者の派遣、家族単位で戸外での遊びやスポーツの

 奨励、親自身が健康やスポーツの価値を認識し、親から子へ孫へ伝承するとともに、健康の保持増

 進や運動、スポーツを楽しむことの必要性について、啓発・支援に努める。

 

4.「フェアプレイで須坂を元気に」事業による、各種団体との連携と生涯スポーツの推進

  「フェアプレイで須坂を元気に」を合言葉に「あくしゅ・あいさつ・ありがとう」という具体的

  な行動を通じ、地域病院や企業・各種団体との共創により、市民が週一回スポーツに関わり、ス

  ポーツの力で地域に活力をもたらし、「健康長寿発信都市『須坂JAPAN』創生プロジェクト」

  の趣旨に賛同し、講演会・イベント等を開催して、市民のスポーツ推進を図る。

 

5.スポーツ大会の開催、主催、共催の推進

  各種スポーツ大会を開催するほか、須坂市と共催で大会を開催するとともに、須坂市並びに体育

 協会加盟団体が主催する大会に協力し、市民のニーズに合ったスポーツ振興と、スポーツ人口の拡大

 に努める。

 

6.「須坂市勤労青少年ホーム 創造の家」の管理と法人化

  創造の家の管理と勤労青少年の各種教室等を開催するほか、市民の憩いの場として有効利用され

 る施設とするためイベント等を開催するとともに、本協会の法人化により市民が主役となるスポー

 ツ振興を心がけるとともに、社会的役割を十分に認識し、市民から信頼され期待されるスポーツ団

 体として、自主事業の取組や賛助会員の加入を積極的に図り、自己資金の拡大と組織強化に努める。

 

▲ このページの先頭へ